この場所での作業において、プレス後のサイズ誤差が多発している。
プレスの際は、一箇所だけでなく、二箇所の位置確認の後に、ボタンを押すこと。
作業終了後は、作業者の名前をラベルに入れるので、
責任を持って作業にあたること。



投入間隔が短すぎると、ローラーの内部スピードは等間隔ではないので、
内部で接触し変形するので注意すること。